埼玉県で働くITオンチの不動産会社社長のブログです。 こんなタイトルで「エぇのんかぁー!?」


プロフィール

小杉公良

  • Author:小杉公良
  • こらー!

    なんか盛り上がる話をせんかー!!

    花火とミンミン蝉がケンカしとるよな景気のええ話はないんかいっ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ケンとメリーの不動産売却相談



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



アクセスカウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエステーション本庄店 イエステーション伊勢崎店

完全復調!! さあ、GWだ!
5月1日~5月5日までGW休暇をいただきます。

3月は震災の影響で、賃貸事業はさほど影響は無かったのですが、売買事業の実績は大きな影響がありました。

今後の先行きに不安を感じながらスタートした4月でしたが・・・

おかげさまで完全復調!

売買本庄店は新記録まででました!

まだまだ復興には程遠い被災地の事を考えると、自分たちの状況に感謝の念でいっぱいです。

よし!5月は社内で義援金キャンペーンをやります!

5月もがんばるぞ!!

9999.jpg

GW休暇はラフティングを楽しんできます!

元気出すぞ!日本!!

・・バイクツーリングは。・・・行けるのか!鳥山??!!

イエステーション本庄店 イエステーション伊勢崎店
スポンサーサイト

「福島原発 暴発阻止行動 プロジェクト」②
「福島原発 暴発阻止行動プロジェクト」発案者の山田 恭暉 (やまだ やすてる)の呼びかけです。

多くの方に転送を希望されていたので、転記します。


転記

「福島原発 暴発阻止行動 プロジェクト」
結成へむけて

福島第一原子力発電所の現状についてはいまさら説明するまでもありません。しかし確認しておかなければならないことは、次の事実です。

1)暴発を防ぐためには、ホースによる散水のような一時的な処置ではなく、10年の単位の時間安定して作動する冷却設備を設置し、これを故障することなく保守・運転し続けなければならない。 2)この冷却設備の建設・保守・運転は、すでに高度に放射能汚染された環境下で行わざるを得ない。 3)もし、安定した冷却設備を建設・保守・運転できなければ、3000万人もの人口を抱える首都圏をも含めた広範な汚染が発生する可能性がある。 このような最悪のシナリオを避けるためには、どのような設備を作ることが必要か、放射能汚染を減らすためにどうしたらよいか、などなど、数多くの技術的課題があることはもちろんです。この点についても日本の最高の頭脳を結集した体制ができていないことは大きな問題です。
さらにもう一方では、最終的に汚染された環境下での設備建設・保守・運転のためには、数千人の訓練された有能な作業者を用意することが必要です。現在のような下請け・孫請けによる場当たり的な作業員集めで、数分間の仕事をして戻ってくるというようなことでできる仕事ではありません。

身体の面でも生活の面でも最も放射能被曝の害が少なくて済み、しかもこれまで現場での作業や技術の能力を蓄積してきた退役者たちが力を振り絞って、次の世代に負の遺産を残さないために働くことができるのではないでしょうか。

まず、私たち自身がこの仕事を担当する意志のあることを表明し、長期にわたる国の体制として退役した元技能者・技術者のボランティアによる行動隊を作ることを提案し要求していきたいと思います。

当面次のことを提案します。

1.この行動隊に参加していただける方を募集します。
原則として60歳以上、現場作業に耐える体力・経験を有すること 2.この行動隊を作ることに賛同し、応援していただける方を募集します。
これらの方々は、以下の内容をご記入いただきE-mail、FAXあるいは郵便でお送りください。
なお、このプロジェクトは直接的には国会や政府に対する働きかけと、広く人々にこの行動隊が必要であることを訴えることを活動の中心とします。状況が流動的なこともあり、進展に応じて様々な面への活動を広げていくこともありうると考えます。

また、この提案文を多くの方に転送していただくことをお願いします。

2011年4月

山田恭暉
134-0083 東京都江戸川区中葛西5-11-25-707
電話&FAX 03-5659-3063 携帯電話 090-3210-9056
メール   bouhatsusoshi@aj.wakwak.com


□福島原発暴発阻止行動隊に参加します
□福島原発暴発阻止行動隊に賛同し応援します
ご氏名
ご住所 〒

お電話
FAX
携帯電話
メールアドレス

--------------------------------------------------

[お知らせ]
・週刊金曜日に暴発阻止行動隊の記事が掲載されました

--------------------------------------------------
山田 恭暉 (やまだ やすてる)
1939年3月4日生まれ
1957年東京大学理科I類入学
60年安保当時、社会主義学生同盟副委員長 1962年東京大学工学部冶金学科卒業
住友金属工業(株)入社
鋼管製造所(製鋼)、中央技術研究所(環境、廃棄物処理)、
和歌山製鉄所(プラント建設)、大阪本社(廃棄物処理)、
東京本社(プラント・エンジニアリング、新事業開発)などを担当 1989年住友金属工業(株)退社 1990年プリントショップフランチャイズ主宰 2002年小企業の業務改善コンサルタント 2006年NGOにて海外支援ボランティア活動2008年近隣にてボランティア活動。超小型水力発電設備建設 ©2011 Fukushima nuclea power plant
イエステーション本庄店 イエステーション伊勢崎店

原発暴発阻止プロジェクト
ネットでこの記事を見て、胸を撃たれた・・・
目頭が熱くなってしかたがない・・

転記

高齢技術者「若い奴にはやらせない」
原発暴発阻止プロジェクト(2011/4/22)
 福島原発を注視する技術者、山田恭暉さん(七二歳)がこのほど「福島原発暴発阻止行動プロジェクト」を呼びかけている。山田さんは住友金属工業で技術者として三〇年勤続した経験をもとに、技術者仲間との議論の末、以下のような決意を呼びかけた。
 (1)原発の暴発を防ぐには、一〇年作動する冷却設備を設置しなければならない(2)高度に放射能汚染された環境下での作業となる(3)それができなければ広範な汚染が発生する可能性がある(4)阻止するには、現場作業や技術を蓄積した退役者たちが次世代のために働くしかない。
 当然、被曝するわけであり、大半の人間は賛否の判断にとまどう。「人のせいにしているのは気楽なことですけども、我々は原発で作った電気を享受し、それを許してきた」と山田さんは決意の理由を次のように語る。「被曝の制限で一〇分、一五分で帰ってこなければならない中ではまともな設備は作れない。三、四時間続けて作業をしなければというのが私たち技術者の実感。ロボットを使うにしても、手で触りながらやらないとできない仕事が残る。誰がそれをやるか。自衛隊がやればいいと言う人がいるが、若い奴にやらせるわけにいかない」。
 実現の道筋も探り始めている。「東京電力に言っても受け付けないでしょう。政治の力を使わない限りこのプロジェクトは実現しない」との認識で政治家と話し、「長期にわたる国の体制として退役した元技能者・技術者のボランティアによる行動隊を作ることを提案」したいと呼びかけ文に記した。「原発専門の技術者に聞くと数カ月なら応急措置でも回せる。その間、作業の訓練を一、二カ月行なう。技術者といっても原発作業の専門家ではありませんから」と実現可能性を追求する。
「反対や批判は承知の上。だけど最悪のシナリオを書いて、やらなければいけないことからやる。これは技術者が心をこめてやらなければ。報酬があってやっちゃダメです」と捨て身である。
 五〇〇通のメール、二〇〇〇通の封書で呼びかけを始め、すでに二五人が参加を表明した。この覚悟を東電と政府はどう受け止めるのか。プロジェクト連絡先は山田恭暉さん電話番号 03・5659・3063
まさのあつこ・ジャーナリスト




戦後の国作りに粉骨砕身して働いたじいちゃんたちが・・・

なんとかならんのか!

やるべき奴は他にいるんじゃないのか!!
イエステーション本庄店 イエステーション伊勢崎店

ライブにむけて・・
昨夜のバンド練習で、今度のライブのセットリストが回ってきました。

なんと?!11曲!!
(あぁ・・無理だわ。自信ない・・・)

一応、一通り演ってみましたが・・・

あせって譜面が頭に入らない

フレーズ忘れてる

新曲、慌てて指が回らない(涙)


本番では、まんべんなく恥をかく予感がしています・・・


イエステーション本庄店 イエステーション伊勢崎店

花見と雪見
110420_120930.jpg

休日。
パートナーの意向で、半強制的に赤城の千本桜に連行されました。
平地はとっくに葉桜ですが、山は、ちょうど満開できれいでした。

ここまで来たら、大沼に行きたい!

実は数年前、一人で赤城山大沼を目指してバイクでツーリングに行ったのですが、途中で道に迷ってしまい、辿り着けなかった経験があります。

当時、大沼に辿り着けないやつはお前くらいだ!?とバカにされたのですが、リベンジです!

途中、交通整理のおじさんの言う所、「昨日、20センチの積雪があったので、行けるかなぁ?」ですって!?

桜の時期に雪!?

辿り着いたら・・・

110420_140212.jpg
一面真っ白!

すんごい、積もってました!
同じ赤城山で、花見と雪見を同時にできるとは・・・

むむぅ・・・。

110420_140851.jpg

赤城神社の境内で。

「何か」を想っています。・・・「何か」を。・・


イエステーション本庄店 イエステーション伊勢崎店

2011 初ライブ決定!
DSC04688.jpg

2011年の初ライブのスケジュールがやっと決まりました!

5月28日(土)伊勢崎市ケニーズカフェにてPM8:20からスタート!

今年は3ヶ月に一回はライブをやろう!と計画していたのですが、震災で延期していました。

新曲を2曲増やすため、毎週ストイックに練習をしています。
ですが、ライブの予定が立たないと、「見えない敵と戦ってる」みたいでモチベーションがイマイチ。

やっと目標が見えてきました!

音楽で日本を元気にするぞ!!
イエステーション本庄店 イエステーション伊勢崎店

快調!
imagesCA5CASMR.jpg

数ヶ月ぶりに酒を抜きました!

朝起きると、体がやわらかいというか、軽い感じです!

たまには内臓を休ませたほうが良いのだな、と実感しています。

この勢いで今夜も酒、抜くか!!
イエステーション本庄店 イエステーション伊勢崎店

翌日筋肉痛。
火曜日は毎年恒例の社内行事「インディアカ大会&花見大会」!

20110412112022.jpg
20110412115704.jpg

我がチームは優勝を狙っていたのですが、結果はBB。
矢代副店長が「使えなすぎ」ました。

その後は花見!
20110412151715.jpg
20110412135755.jpg
毎年、花見弁当とお酒の支度は本庄商工会議所となりの「三舟」さんがやってくれます。
田中くん、いつもありがとう!

しかし、年のせいか、「タルハイ」のせいか、当日夜から翌日にかけて酷い二日酔いに悩まされました・・・(うっぷ。)

酒のない 世界に行きたい二日酔い 三日後にはまた戻りたくなる。


イエステーション本庄店 イエステーション伊勢崎店

伊勢崎店もスーモから表彰されました!!
resize0431.jpg

売買伊勢崎店が
スーモの3月度の反響数が北関東第1位の為、
表彰されました。

1位獲得出来て嬉しいです。
今後も維持出来るよう、頑張って行きます。
>伊勢崎店アシスタントの中島さん談。

よかったですね!

ただ、この報告を受けて、伊勢崎店にお祝いの電話をしたら、橋本店長が、思いっきりのどを絞った低い声で
「うぉ電話ありがとうございますぅ・・イィエステーショォン伊勢崎店でぇすぅぅ・・・」と電話に出ました。

怖いよ!

どこの事務所かと思ったよ・・・

電話かけてきた人を脅してどうするんだ?!!

反響電話があっても切られちゃうぞ!

頼みますよ、まったく、もう・・・


イエステーション本庄店 イエステーション伊勢崎店

SUUMOから2度目の表彰!
SUUMOが支援している森林再生プロジェクト 「more tree」の活動に貢献したとのことで、
昨年10月に当社籠原店が感謝状をいただきましたが、
この度、籠原店での1月反響数が埼玉県700社中の上位4社に入り、見事2度目の感謝状を頂けることとなりました!

籠原店の皆さんおめでとうございます!

プロジェクトは終了となりますが、今後も多くの反響・来店を得られるよう、
メンテナンスがんばってください。


※このプロジェクトでは、
SUUMOからの“ネット反響一件に対して一円の募金”がされ、
植樹活動に活かされるシステムになっております。

CIMG0114.jpg




イエステーション本庄店 イエステーション伊勢崎店

修羅の群れ~血の池地獄変~
休日。

父の手術も終わったし、久しぶりにゆっくりと時間が取れました。

ので、朝のニュースで桜が満開だといっていた上野公園へ行ってきました。

20110407164539.jpg

3時過ぎに到着。

動物園側はパンダ渋滞。
しかし、パンダが見れるのは3時までらしい。

知らずにやって来た親子連れが立ちすくんでいました。
大泣きの子供が、お母ちゃんをグイグイと責めています。
母ちゃんは真っ白になってシドロモドロ。
(悔しいよな、子供。・・・調べないで、いい加減に計画した母ちゃんが悪い・・・と思う。)

不忍池の方面から入園。

桜は満開!の所と、六分、七分に、まったく花をつけてない所も。
場所、木によって違うのですね。

ooo.jpg
ボートに乗ってみました。

池は大渋滞。

池を一周しましたが、逃げたり、避けたりで、(こりゃタマらん!)と発着所に戻ろうとすると、・・・
あたり一面、発進するボート、帰還するボートで大混乱しています。

気を抜くと、他のボートに挟まれる、追突されるの繰り返し。

Aボートに「さあ、どうぞお先に!」と声をかけると、「・・・どうやって漕いだらいいのでしょう?・・・」

Bボートに「出るのですか?戻るのですか?」と声をかけると、「・・・帰りたいけど、帰れないのです・・」

そんな魑魅魍魎がウヨウヨ・・・

不忍池。・・・ここは地獄の1丁目でした。

命がけで帰還。

iii.jpg
陸に上がれてホッとしました。


イエステーション本庄店 イエステーション伊勢崎店


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。