埼玉県で働くITオンチの不動産会社社長のブログです。 こんなタイトルで「エぇのんかぁー!?」


プロフィール

小杉公良

  • Author:小杉公良
  • こらー!

    なんか盛り上がる話をせんかー!!

    花火とミンミン蝉がケンカしとるよな景気のええ話はないんかいっ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ケンとメリーの不動産売却相談



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



アクセスカウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエステーション本庄店 イエステーション伊勢崎店

手をポッケにいれて階段を上るのはヤメましょう
昨夜の事です。

バンド練習が終わって、飲み会の店に向かうため、本庄駅北口の階段をクリちゃんと下りていると、階段を上ってくるおじさんが視界に入りました。

一目見た瞬間、①ああ、酔っぱらってるな ②転ぶかもしれんな ③両手をポッケに入れてるから危ないなと、ほとんど一瞬で頭をよぎった刹那、お約束のようにおじさんは足をつまずかせて、まるで仏像が倒れるように真っ直ぐな姿勢のままドサッと転びました!

「大丈夫ですか!?」
駆け寄って、助け起こすと、顔面血だらけ!額の幅いっぱいに裂傷していて、中から白い骨が見えています。(グエッ)

すぐにクリちゃんが119番で救急車を呼びます。

「んあー。なんだよ」

「おじさん、怪我してるよ。座ってなよ。」

「んあー。いいんだよ!(怒)」

酔っぱらっていて痛くないのか、大した怪我だと思ってないのか、ハンカチで乱暴に傷をグリグリしてるので、額の皮が引っ張られて垂れ下がって、さらに頭蓋骨丸見え状態!(グェー!)
まるでターミネーターの「あの場面」みたいな顔になってます。

なぜか逆ギレして、介抱している私達に「うるせー!!いいんだよ 離せー!!(怒)」

駅員を呼んできて任せようとしたのですが、駅員の制止を振りほどいて、スタコラと階段を上って改札を潜り抜けて行ってしまいました!

これ以上成す術もないので、駅員さんに後を任せて我々は立ち去る事に。

「あのオッサン、あれで家に帰ったら家の人が腰抜かすな。」

「つーか、鏡で我がの頭蓋骨を見たら、自分が腰抜かすだろう。」

「電車の乗客も腰抜かすな。」

そんな話をしながら飲み会へ向かいました。



教訓 両手をポケットに入れて階段を上るのはやめましょう。


スポンサーサイト

イエステーション本庄店 イエステーション伊勢崎店

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。